EOSブロックプロデューサーへの投票

なぜ投票が必要なのでしょうか?

EOSのトークン保有者として、あなたはEOSに関する所有権を持っています。EOSブロックプロデューサーに投票することは、あなたの資産を管理する人を選ぶようなものです。資産を管理する人を選ぶというのは重要な問題です。

このページの下部では、デスクトップからブロックプロデューサーに投票する方法を解説しています。もし、EOSコミュニティをサポートするための私達のこうした活動が気に入っていただけたら、私達を投票先のブロックプロデューサーの一人として選んでいただけると幸いです。

eosDACとは?

eosDACは特定の主体に所有されていない最初の、また現在唯一の非中央集権のブロックプロデューサーです。代わりに、eosDACのメンバーシップトークンが2018年6月のEOSメインネットローンチの直前にEOSのトークン保有者にエアドロップされ、eosDACはEOSコミュニティによって所有されるようになりました。

eosDACは、世界をより良いものにするためにEOSができる大きな可能性に情熱を感じて設立されました。私達はEOSの成功に大きな関心があるため、EOSの成長を支える最高の支援者になることを目指しています。EOSやEOSIOに関連するブロックチェーンが広く利用されるようになることを望んでいるため、ブロック生成の業務を実施することに加えて、ブロック生成の報酬をDACを作るためのオープンソースツールの開発に再投資しています。

DACは理解するのが難しいものではありません。DACとは基本的に、既存の組織では実行することができなかったことを実行するために、ブロックチェーンを活用するデジタルの組織です。現代のアプリが企業や団体によって運営されているように、Dappsも何者かによって運営される必要があります。Dappsの場合は、既存の紙ベースの組織ではなく、非中央集権のデジタルな組織によって運営されるのが自然で、これはまさに既存の組織に代わってDACが実現することができるものです。

DACをEOS上で簡単に作れるようにすることで、新たなデジタル組織が爆発的に普及し、それいによりEOSに大きな利益を提供できると同時に、世界をより良くできるとeosDACは考えています。もしDACについてより詳細な情報を知りたい場合は、“What is a DAC?” という説明動画をこちらで見ることができます。

eosDACのローンチチームは、初期のテストネットが立ち上がった時から活動を始め、EOSのメインネットの立ち上げにおいては大きな役割を担い、技術面と思想面でのリーダーシップを提供しました。また、ネットワークの停止をもたらす恐れのある深刻なバグを発見し、EOSIOソフトウェアのローンチ前のバグ修正にも貢献しています。

どうやって投票するのか?

まずはじめに、マルウェアからお使いのコンピュータを守るために適切な手順を踏みましょう。
Scatterは独立したコード監査を実施していて、この説明の執筆時点で安全で信頼できると評判を得ています。

Scatterを使った投票

Scatter for Desktopのインストール方法についての動画説明:

 


Scatter for Desktopのインストール方法チュートリアル:

1 get-scatter.comを開く

2. Downloadページから、お使いのOS向けの最新のバージョンをダウンロード(Linux, Mac or Windows)。

3. インストール後、Scatter Desktopを開く

4. Scatterのパスワードを作成するために安全なパスワードを二回入力し、“create new Scatter”をクリック。

5. 12単語のパスワードリカバリーフレーズを安全な場所に保存またはメモする。(このリカバリーフレーズはパスワードを復元するだけで、鍵を復元するものではないのでご注意下さい)。

6. Scatterの利用規約を読み、承認する。

7. Scatterのバックアップロケーション用のフォルダを選択する。

8. Scatterのメイン画面が開かれるので、鍵を管理するために“vault”をクリック。

9. Vaultを開いたら“new”をクリック。

10. 鍵にお好きな名前をつけて下さい。その後、新しい鍵を生成(create newをクリック)するか、既にある鍵をインポートするか選択できます。今回は鍵をインポートするので、”import”をクリックしてください。

11. キーペアをテキストで貼り付けるか、Ledger Nano Sなどのハードウェアウォレットを使用するか選択できます。今回は秘密鍵を貼り付けるので、”text”をクリックして下さい。

12. お使いの秘密鍵をScatterに貼り付けてください。(デバイスにアクセスできなくなった時のために、安全な場所に秘密鍵のバックアップを保管するのを忘れないようにご注意下さい)。

13. Scatterが、鍵に紐付くEOSアカウントをEOSブロックチェーンから確認し、インポートします。backボタンを押してメインページに戻りましょう。登録情報を変更したい場合は、設定することができます。

14. おめでとうございます!Scatterがアンロックされたので、chromeからScatterを使って、お持ちのEOSアカウントを操作できます。

投票にEOSToolkitを使う:

 

1. Scatterのセットアップとログインをすると同時に、Chromeブラウザからeostoolkit.ioを開いて下さい。

2. Scatterのダイアログボックスが開くので、”log in”をクリック

3. リストから使用したい鍵を選択してください。

4. Scatterを通じてログインされます。eostoolkit.ioは投票の他にも多くの便利な機能を提供しているので、左側のサイドバーにたくさんのオプションが表示されているかと思います。投票するためには、サイドバーにカーソルを合わせて、下にスクロールし、”Manage voting”をクリックして下さい。ドロップダウンリストが表示されたら、”vote producers”をクリックしてください。

5. 右側にチェックボックスの付いたEOSブロックプロデューサーの一覧が表示されます。投票するブロックプロデューサーは1~30の間で選ぶことができます。

6. 一覧から投票したいブロックプロデューサーを選択して下さい。 (eosDACの表示名は “eosdacserver”です)

7. 選択したら、ページ右側の赤い”Vote”ボタンをクリックしてください。

8. 投票を確認するためのScatterポップアップが開きます。承認する場合はチェックマークをクリック、キャンセルする場合はXを選択して下さい。

9. トランザクションを承認したら、数秒待ってください…これで投票完了です!

おめでとうございます、EOSブロックプロデューサーにあなたの清き一票が投じられました!

GreymassのEOS-Voterを使って投票する

EOS VOTERのセットアップについての動画説明:


EOS VOTERの設定チュートリアル:

1. こちらからお使いのOS用の最新のEOS VOTERをダウンロード、インストールする: https://github.com/greymass/eos-voter

2. ‘Connect to Server’をクリック

3. 公開鍵を入力欄にコピーペーストし、“Lookup Account”をクリック。 (ソフトウェアが公開鍵に紐づくEOSアカウントを検索します)。

4. EOSアカウントが表示されるので、使用したいアカウントを選択し、“Select Account”をクリックしてください。

5. 最初に入力した公開鍵と合う秘密鍵を入力して、“Compare Keys”をクリックしてください。

6. 最後に、EOS VOTERへのログインに使用するパスワードを作成し“Save Account”をクリックしてください。(毎回この手順を実施したい場合は、パスワードの入力欄を空にしておくこともできます)。

7. パスワード確認のために再度パスワードを入力し、“Save Local Wallet”をクリックしてください。

8. EOS規約を読んで、“I accept these terms”をクリック。

9. これで完了です!ウォレットがセットアップされて、ブロックプロデューサーに投票できるようになりました。検索窓から名前でブロックプロデューサーを検索できます。または、一覧からスクロールして探すこともできます。ブロックプロデューサー名の隣にある二つ目のチェックボックスにチェックすることで、1から30のブロックプロデューサーを投票先に選択できます。

10. 左側に 選択している全てのブロックプロデューサーが表示されます。投票の準備ができたら、緑の“Submit votes for selected producers”ボタンをクリックしてください。

11. ダイアログボックスが表示され、承認するか聞かれるため、問題なければ“Submit Votes”をクリックしてください。

おめでとうございます、ブロックプロデューサーにあなたの清き一票が投じられました!

最後に一つ!

一度だけ投票して、その後投票をしていない人からの票をブロックプロデューサーが受け取れないようにするため、全ての票は毎年50%の半減期を迎えます。つまり、しばらくしたら再度ログインして、投票を更新するために”vote”を再度クリックする必要があるということです。以前誰に投票したかはアカウントが記憶しているため、もし前回と同じブロックプロデューサーに投票する場合は、投票ボタンを押して、同じ手順を繰り返すだけで投票できます。

 

この説明が助けになれば嬉しいです!
良いブロックプロデューサーに投票することは、あなたの資産を守ることにも繋がります。