ニュース

EOS chain stability should be the primary objective of governance

       Posted on: Early-December

All parties on EOS should be concerned to preserve the stability of the chain. Stability occurs when parties behave in a manner consistent with the expectations they have set – when outcomes are predictable.

eosDAC invites any service provider to offer IT/personnel procurement and advisory services to the DAC

       Posted on: Early-November

Since its inception, eosDAC has been aware that legal company structures as they currently exist in the world do not accurately map onto the DAC. The DAC is not a company – it is intended to function as a community of people working toward common goals, governed by agreement – the Constitution. 

Why eosDAC deserves EOS BP support?

       Posted on: Early-November

eosDAC is the first and currently only Decentralized Block Producer which isn’t owned by a private entity. Instead, eosDAC’s membership token was airdropped to EOS holders just before mainnet was launched in June 2018 so that eosDAC would be owned by the EOS community.

2018年10月の財務レポート

       投稿日: 11月

Incommsec Ltdによって保有されている財務残高と、eosDACの代理で2018年10月中にIncommsecによって実行されたトランザクションに関するサマリーです。

これはeosDACのサービスプロバイダーによるレポートであり、eosDACの暗号通貨残高またはオンチェーンのトランザクションに関するレポートではありません。こうしたeosDACのレポートについては、DAC自身によって作成されます。

2018年9月の財務レポート

       投稿日: 10月

Incommsec Ltdによって保有されている財務残高と、eosDACの代理で2018年9月中にIncommsecによって実行されたトランザクションに関するサマリーです。

これはeosDACのサービスプロバイダーによるレポートであり、eosDACの暗号通貨残高またはオンチェーンのトランザクションに関するレポートではありません。こうしたeosDACのレポートについては、DAC自身によって作成されます。

タイムラインと暗号通貨プロジェクト

       投稿日: 11月上旬

eosDACは、安全で評判が高いオンチェーンのBPとして、無事上位21のブロックプロデューサーのポジションを維持しています。eosDACのワーカーは、カストディアン投票を開始するための準備を急ピッチで進めています。複数のチームメンバーが週50-70時間、コーディングや、このトランザクションのための会社および法的必要要件を含むワークフローの作成に従事しています。

8月および9月のアクティブなワーカープロポーザルと、収支に関する報告

       投稿日: 10月下旬

安全で信頼できるブロック生成、eosDACコミュニティとトークン認知のサポート、EOSエコシステム全体とeosDACコミュニティをサポートするための、ブロックチェーンレベルの問題に関するリーダーシップなどのeosDACの優先事項を反映した、8月と9月のEOSの支出を報告します。

 

eosDAC カストディアンに関する確認事項

       投稿日: 10月上旬

eosDACは、オープンソースのツールと専門知識を提供することでDACの成功を支援し、実現するというミッションのもとで設立された、EOSのブロックプロデューサー候補です。eosDACが提供するツールには、DACの規約を実行可能なコードとして記述した一連のスマートコントラクトや、HR、規制などのその他のガバナンス、そしてアドバイザリーなどが含まれています。

サービスプロバイダによる財務レポート 2018年8月

       投稿日: 10月上旬

Incommsec Ltdによって保有されている財務残高と、eosDACの代理で2018年8月中にIncommsecによって実行されたトランザクションに関するサマリーです。
これはeosDACのサービスプロバイダーによるレポートであり、eosDACの暗号通貨残高またはオンチェーンのトランザクションに関するレポートではありません。こうしたeosDACのレポートについては、DAC自身によって作成されます。

eosDAC DACメンバー登録の受付開始

       投稿日: 9月上旬

eosDACはこの度、2018年8月下旬のテストリリースを経て、メンバー登録機能の完全版を公開しました。

EOSDAC tokenholders are invited to log on to EOSDACトークンをお持ちの方は、https://members.eosdac.ioからDACへのメンバー登録をすることができます。メンバー登録がされていない場合、トークンを所有していても投票権やDACメンバーへの特典が得られないため、トークンをお持ちの方は必ずメンバー登録するようお願い致します。

DACチェーンイニシアチブ: EOSのサイドチェーンおよび独立したチェーンの使用がDACに与える利益の探求についてのアナウンス

       投稿日: 9月上旬

    分散自律コミュニティ(DAC)はスマートコントラクトとしてブロックチェーン上に記述された規約によって運営されます。

この革新的なコンセプトにより、複数の集団が協働することで利益を得られるようになります。

7月度財務レポート

       投稿日: 8月下旬

このレポートは、Incommsec Ltdが保有するeosDACの財務残高と、IncommsecがeosDACの代理で2018年7月中に実行したトランザクションのサマリーです。
これはeosDACのサービスプロバイダのレポートであり、eosDACの暗号通貨残高や、eosDAC自身によって実行されたオンチェーンでのトランザクションに関するレポートでありません。

     eosDAC 8月の更新情報

       投稿日: 8月中旬

      1. ブロック生成

       – EOSブロックチェーン上でのアクティブなブロックプロデューサー

       – eosDACのブロック生成チームは、EOSコミュニティ内で非常に尊重されています

       – 役割には高度な技術スキルと24時間の即時対応が含まれます

アクティブなワークストリームと承認されたプロポーザルに関するアップデート

投稿日: 8月初旬

8月のワーカープロポーザルシステムの結果について、コミュニティの皆様にご報告できることを嬉しく思います。8月は、先月と同様、ブロック生成に重点を置き、DACツールへの投資を増やし。コミュニティの成長と堅実なマーケティングへのサポートを継続しました。これらのワークストリームを行うに当たり、私達は、コストを増やすことなく、トークン所有者に最大限の価値を提供する方法を模索しました。今月の賃金支払額の合計は前月と同額です。

eosDACトークンエクスプローラーの使い方説明

投稿日: 8月上旬

eosDACトークンエクスプローラーは、現在最終テストを行っており、近々ベータ版が公開予定です。この動画では、Brandon Cummingsによる先行公開をご覧になれます。

その他のDACツールきっとの進捗に関する情報はeosDACのGithubをご覧ください。

サービスプロバイダの財務レポート

投稿日: 7月中旬

Incommsec Ltdによって保有されている財務残高と、eosDACの代理で2018年6月中にIncommsecによって実行されたトランザクションに関するサマリーです。
これはeosDACのサービスプロバイダーによるレポートであり、eosDACの暗号通貨残高またはオンチェーンのトランザクションに関するレポートではありません。こうしたeosDACのレポートについては、DAC自身によって作成されます。

 

eosDAC 承認された最初のワーカープロポーザル、ブロック生成の優先とDACツールキットに関するアナウンス

投稿日: 7月中旬

本日は、eosDACで実装されている最初の非コードの‘オープンソース’システムの一つである、ワーカープロポーザルシステムについて共有します。ワーカープロポーザルシステムにより、誰でも作業のプロポーザルを提出することができ、成果物としてカストディアンボードに承認されれば、eosDACから報酬を受け取ることができます。こうしたワーカー起点のプロジェクトモデルは、様々なブロックチェーンプロジェクトを参考にして考えられ、特にblock.oneがEOS用に提唱したフレームワークを参考にしています。

 

eosDAC – DACツールキット開発を促進、Object Computingとの提携を発表

投稿日: 7月上旬

ブロックプロデューサ選任と、eosDACトークンのEOSメインネットへの移行(と独自の検証)の成功に続いて、eosDACのLaunch Teamは、基盤となるDACツールキットの作成を急速に進めています。これはeosDACと他のDACをEOSチェーン上で効果的に機能させ、eosioソフトウェアの力強さを実証するために欠かせない取り組みです。

 

eosDACのトークン配付が完了

投稿日: 6月下旬

本日、eosDACローンチチームは、EOSチェーンでのEOSDACトークンの配付を無事完了したことをお知らせします。これらのトークンは確実に移行され、ユーザーはEthereumチェーン上でのトークン凍結時(2018年6月1日23:59 UTC)に保有していたeosDACと同量のトークンがEOSメインネット上で付与されています。

EOS BPセキュリティ宣言

投稿日: 5月下旬

この記事はSw/edenのEric Björk、EOS TribeのEugene Luzgin、HKEOSのJae Chung、EOS RioのIgor Lins e Silva、eosDACのMichael Yeates、そして @jemxpatの共同で執筆しています。

eosDACエアドロップとバーン

投稿日: 5月下旬

EOS.IOのブロック生成は誰もが貢献し、利益を得られるようオープンであるべきだというのがeosDACのビジョンです。eosDACは、このビジョンを実現するための、世界中のEOSコミュニティのために働く有力なEOS.IOブロックプロデューサになることを目指す発展した分散自立コミュニティ(DAC: Decentralised Autonomous Community)です。

eosDACのコミュニティを発展させ、コミュニティがEOSのステークホルダーを含めたものになるように、eosDACはeosDACトークンの75%をEOS保有者にエアドロップすることを決めました。

eosDACローンチのためのeosDAC Ltd オペレーション構造

投稿日: 5月下旬

2018年1月1日、eosDACのERC20ベースのトークンが凍結されます。その後、eosDACはEOSブロックチェーン上で分散自立コミュニティとしてローンチし、全てのトークン所有者は新しいEOSベースのチェーン上でeosDACトークンを管理、利用できるようになります。

EOSの最高値更新はeosDACのエアドロップが原因である可能性が高い

投稿日: 4月下旬

EOSは、暗号通貨市場全体の下げ相場で価格を上げ続けており、まもなく最高値を更新しそうです。

執筆時点では、CoinMarketCapによると、暗号通貨のマーケットボリュームで5番目であるEOSは、直近24時間で7.6%増の14.61ドルの値を付けています。


一方で、他のほとんどの主要なコインは価格を落としています。例えばビットコインは1.2%低下、ビットコインキャッシュ、IOTAはそれぞれ12%下落しており、ethereum(ETH)、Ripple(XRP)、cardano、stellerはそれぞれ少なくとも8%下落している。

eosDACニュースレター – eosDACスナップショット完了 – エアドロップ進行中

投稿日: 4月下旬

4月15日01:00 UTCのスナップショットが完了しました。お持ちのEthereumアドレスがhttps://eosdac.io/airdrop でエアドロップに含まれていたかどうか確認できます。100EOS未満の場合は、5月15日までにアドレスがhttps://eosdac.io/airdropb に登録されるようにリクエストしてください。

分散化された未来への大きな一歩: eosDACローンチチームに参加しました!

投稿日: 4月上旬

私がビットコインに足を踏み入れた2013年、私は”DAC”や”DAO”という用語を知り、とてつもない衝撃を受けました。

分散自立組織(DAO)、または分散自立コミュニティ(DAC)は、スマートコントラクトと呼ばれるコンピュータプログラムとしてエンコードされたルールを実行する組織です。DAOのトランザクション記録とプログラムルールは、ブロックチェーン上で管理されています。このタイプのビジネス組織の正確な法的立ち位置はまだ定まっていません。

EOSRad.ioフルエピソード6 – eosDAC、EOS Nationの紹介、そして週次のQ&A with Thomas Cox

投稿日: 4月上旬

EOSRad.ioのYouTubeチャンネルでeosDACチームがインタビューを受けました。

EOS Rad.ioは週次の“vodcast” (ビデオポッドキャスト),で、毎週月曜の6:00 pm EST / 2200 UTCにライブストリーミングを行っています。

eosDAC : ブロック生成を超えて – DACの実現者

投稿日: 4月上旬

2014年、Daniel Larimerは分散自立コミュニティ(Decentralized Autonomous Communities)または”DACs”のコンセプトを導入しました。このコンセプトを実現するため、Daniel LarimerとBrendan Blumerが率いるBlock.oneによってEOSソフトウェアが開発されました。Block.OneのEOS.IOに関する初期のプレゼンテーションは’DACsの時代(The Era of DACs)’を導入しました。彼らはDACsがどのような点で既存の企業より透明性があり、監査可能で、信頼できかつ包括的か、またそれによりDACsがどれだけ優位性を持っているか示しました。

 

EOSトークンホルダーへ – eosDACスナップショット準備の呼びかけ

投稿日: 3月下旬

eosDACは、主要なEOSブロックプロデューサー候補です。現在、3つの大陸をまたいだ12人の”ローンチチーム”によって運営されています。eosDACは、6月上旬にEOSブロックチェーン上で分散型自治コミュニティ(DAC)としてローンチする準備を進めています。

eosDACAirDrop(4月) – 取引所がスナップショットへの対応を発表しEOSのホルダーは安堵

投稿日: 3月下旬

当記事のリリース時に世界で2番目のEOS取引量を誇る韓国の大手取引所であるUPbit(업비트)は、UpbitでEOSを保有しているユーザーにeosDACトークンを配布する予定であることを発表しました。

eosDACブロックプロデューサ候補情報

投稿日: 3月下旬

eosDACは、どのように自身が運営されるかに関する可能な限り多くの詳細をコミュニティに共有します。関連して、EOS Goの作成したブロックプロデューサ候補と基本的な情報のリストを歓迎します。

ブロックプロデューサー候補レポート #1

投稿日: 3月上旬

以下は、現在のブロックプロデューサ候補(BPC)と公開されている連絡用URLのランダムで抽出されたリストです。リストは毎週再度ランダムで抽出されます。ここに示された情報は、BPCによって直接提出され、EOS Goのボランティアによって最低限チェックされていますが、完全性または正確性については検証されていません。

ワンス・アポン・ア・タイム: BIOSがEOSIOブロックチェーンをブートする

投稿日: 5月8日

EOSコミュニティ内での議論を通して、私はEOSソフトウェアのブートアップシーケンスがおそらく以下のようなになると確信しました。コミュニティコンセンサスの精神に基づいて当記事で説明します

 

eosDACイントロダクション : コミュニティによって運営されるブロックプロデューサー

<i投稿日: 5月上旬

Block.oneによって開発されたEOSIOソフトウェアは、わずかなトークンインフレでトランザクション手数料をカバーし。最初の高度にスケーラブルなスマートコントラクトブロックチェーンを促進します。これは真にスケーラブルな分散型アプリケーションの開発と、コミュニティによって運営されるオンライン/オンブロックのビジネスを可能にします。

EOS.IOブロックプロデューサーのスペック推測

投稿日: 2月下旬

EOSのブロックプロデューサーについて、まだ答えを得られていない重要な疑問がいくつかあります。EOSのトークン所有者によって選任される21のメインプロデューサーと最大で100の予備プロデューサが存在します – 彼らはどのサーバー/インフラを運営するのでしょうか?そしてこれはEOSのブロックチェーンにとって何を意味するのでしょうか?

BlockMaker.IOコアプリンシプルとトークン配付詳細

投稿日: 2月上旬

EOS.IOのブロック生成は誰もが貢献し、利益を得られるようオープンであるべきだというのがBlockMaker.IOのビジョンです。

このビジョンを実現するため、eosDACは世界中のEOSコミュニティのために働く有力なEOS.IOブロックプロデューサになることを目指す、発展した分散自立コミュニティ(DAC: Decentralised Autonomous Community)になります。

EOS.IO DAWN 2.0リリース & 開発アップデート

投稿日: 2月9日

EOS.IO Dawn 2.0が公開され、公式のテストネットがblock.oneチームによって管理されます。このリリースでは、2017年秋のロードマップに記載されていた、2017年12月21日までの完成を目指していた残りの機能のほとんどをAlpha版として実装しています。ロードマップに掲載されているように、”フェーズ2 – 最低限の実行可能なテストネット”は、以下のものを2017年秋までにデモンストレートするものでした:

EOS.IO開発アップデート

投稿日: 1月

私達は、EOS.IOをマーケットで最良のスマートコントラクトプラットフォームにするために忙しい日々を過ごしています。私達のチームは、開発の容易さとパフォーマンスのバランスを可能な限り最適にするために、ブロックチェーンデザインの限界を押し上げてきました