eosDAC

The Community-Owned EOS Block Producer

and DAC Enabler

Watch this simple one-minute video explainer to find out more about eosDAC

eos-logo-featured-white-100

EOS.io Software

Block.oneによって開発されているEOSIOソフトウェアは、少量のトークンインフレで取引手数料をカバーし、高度にスケーラブルな最初のスマートコントラクトブロックチェーンを実現します。これにより、真にスケーラブルな分散アプリケーション、そしてコミュニティが所有するオンライン/オンブロックのビジネスが開発可能になります。

blocks-light

EOS Block-Production

BitcoinやEthereumのようなProof-of-Workアルゴリズムの’マイニング’ではなく、EOSIOブロックチェーンはDelegated Proof of Stakeアルゴリズムを使用し、トークン所有者は21のメインブロックプロデューサーと100のリザーブプロデューサーに投票します。これらのブロックプロデューサは、企業クラスの分散アプリケーションを処理するための大規模なインフラを必要とし、必要に応じてスケーリングできる重要なエンティティである必要があります。 ブロックプロデューサーの報酬は、流通しているEOSトークンの限られたインフレによって支払われます。

分散自律コミュニティ(DAC)イントロダクション

分散自律コミュニティ(DAC)は、ブロックチェーン上のスマートコントラクトでコード化された規約に則って運営されます。コミュニティを協調的なものとして一つにまとめるこのような革新的な方法は、EOSソフトウェアによって可能になりました。DACは、投票によりDACを運営するボードメンバーと、トークンホールダーによってコントロールされます。

コミュニティが所有するEOSブロックプロデューサ

eosDACのビジョンは、EOS.IOのブロック生成はあらゆる人が貢献し、利益を得られるようオープンにされているべきだというものです。このビジョンを実現するため、世界中のEOSコミュニティにサービスを提供するEOS.IOのブロック生成に焦点を当てた、進化する分散自律コミュニティ(DAC)としてeosDACが生まれました。その中で、eosDACは自身が機能するために必要なツールとスマートコントラクトを作成します。他のDACがEOS.IOブロックチェーンで繁栄するのを支援するため、これらのツールはEOSコミュニティに共有されます。

blocks

eosDACは、2018年6月の初めに向けてEOSブロックチェーン上にDACを構築しています。それまでは、eosDACはLaunch Teamによって運営されます。Launch Teamのメンバーは、過去6ヶ月間、EOSコミュニティに深く関わっており、すでにEOSコミュニティのテストネット上にブロックを生成しています。現在、eosDACトークンはEthereumブロックチェーン上に存在し、EOSの運用が開始され次第、EOSブロックチェーン上に転送されます。

Legal & Financial Interface

eosDACは、DACが動作するために満たす必要のある世界中の法律、および財務規制に必要な全てのインターフェースを実行するため、eosDAC Ltdとの独占契約を結んでいます。 eosDAC Ltdは全ての費用について透明性を維持し、原価でeosDACにサービスを提供します。この契約は、eosDACによって将来的にいつでも再交渉または解約することができます。

eosDAC Tokens:

Majority-Owned by the EOS Community

eosDACトークンは、2018年4月15日時点で、EOSトークン保有者に1対1の割合で配布されました。残りのトークンは、Launch Team、アドバイザー、コミュニティサポーター、eosDAC Ltd.に与えられました。これらの人々の努力と時間、財源がなくてはeosDACが誕生することはできませんでした。

eosDAC Network Architecture

主な目的は、英国、ルーマニア、ジブラルタル、韓国でデプロイされているブロック生成インフラで、幅広い地理的および管轄地域をカバーすることでした。Launch Teamは、高水準なデータセンター運用経験と、Tier1のインターネットワーキングの設計/実装経験を活用し、ネットワーク・アーキテクチャ内での最短レイテンシ、最大効率、そして堅牢な冗長性を保証します。

eosDACロードマップ

2017

eosdaclogo1-100-green

1月 - 12月

リサーチとプロジェクトの構想設計 100%

2018

eosdaclogo1-100-green

1月

EOSテストネット上でのテスト 100%
eosdaclogo1-100-green

2月

Launch Teamの発足 100%
EOSコミュニティテストネット上でのテスト 100%
eosdaclogo1-100-green

3月

ウェブサイトの作成 100%
EOSコミュニティテストネット上でのテスト 100%
コミュニティの作成 100%
SNS + Telegramの作成 100%
eosdaclogo1-100-green

4月

EOSトークンスナップショット 100%
EOSコミュニティテストネット上でのテスト 100%
Beyond Block Production Visionの発行 100%
エアドロップ 100%
取引所への上場 100%
eosdaclogo1-100-green

5月

エアドロップ完了 100%
ウェブサイトの再デザイン + 説明アニメーション 100%
DAC規約の作成 100%
プロダクションインフラのセットアップ 100%
EOSコミュニティテストネット上でのテスト 100%
DACツールキットのロードマップと初期機能 100%
eosdaclogo1-100-orange

6月

メインネットローンチ
BP選挙
EOSチェーン上でのeosDACローンチ
eosDACのメンバーによるカストディアンへの投票

eosDAC Core Principles

Excellence of Service Provision

eosDACの主な目的は、EOS.IOソフトウェアのブロックチェーンに必要なブロックの継続的な生成を保証することです。

Openness and Transparency

eosDACのガバナンス構造とあらゆるオペレーションによって行われる決定は、全てオープンかつ透明です。

Support of EOS Communities Worldwide

EOS.IOブロックチェーンが繁栄するために、EOSコミュニティと連携し、EOS.IOブロックチェーンコミュニティに利益をもたらすようなプロジェクトの開始、サポートをしていきたい考えています。 これには他のDAC用のツールも含まれます。

Fairness

eosDACは、全てのメンバーを公平に扱い、貢献に対して適切に報酬を与えます。全てのメンバーは意思決定に関して公平です。

Independence

eosDACは、他のブロックプロデューサに対して重大な利害関係や過度の影響力を求めません。また、独立性を保つための適切な措置も講じます。

Electoral Fraud

eosDACは、EOSトークン保有者からの投票に対して、金銭を支払うことは決してありません。

eosDAC Launch Team

eosDACは、DACが2018年6月にEOSブロックチェーン上で立ち上げられた後、分散自律コミュニティになり、トークン保有者によって運営されます。eosDACトークン保有者は、eosDACの運用を続けるため、このチーム、またはチームと新メンバーの組み合わせに投票することができます。

rob-177

Rob Allen

Rob has a background as a software developer and has run game servers. More recently he has been managing software implementations for international finance companies and government institutions. Rob is convinced that the true power of the EOS.IO software is that it will facilitate DACs which will have significant far-reaching positive social impact.

michael1-77

Michael Yeates

Michael is an expert on various technologies and was the founder and Managing Director of a successful eCommerce platform. Members of the EOS community are likely to recognise Michael’s name as he is highly active within the EOS community. Michael key focus is working to create the foundation for the next generation of distributed systems.
luke

Luke Stokes

Lukeは2017年の中頃からSTEEMブロックチェーンのブロック生成witnessをしています。彼は2013年1月に最初のビットコインを買って以来、暗号通貨と非中央集権化に情熱を注いでいます。2007年には、eコマースのショッピングカートプラットフォームFoxyCart.comを共同創設し、2018年にブロックチェーンに集中するためにこの事業をビジネスパートナーに売却しました。

will-177

Will Stephens

経験豊富な連続起業家、英国の有力なインターネットバックボーンネットワークのセールスディレクターとしてキャリアを開始し、創業者、ディレクター、コンサルタントや、Webホスティング、Linuxオープンソース、ヘルスケア分野でのスタートアップ投資家(現在ナスダックで3億ドル以上の価値を持つ有力な植物ベースの製薬会社を含む)を務めています。

rav-177

Ravi Bahadursingh

Raviは20年以上の法律実務経験を持ち、特に企業法、商業法、財務法の分野での経験があります。Raviは国際経済法でLLMを取得しており、クロスボーダー訴訟の深い経験を有しています。彼は、最初期の金融暗号化の取り組み(DigiGold、E-gold)が直面した法的問題について、専門的に関与しており、また、ICO規制の導入を検討するためアンギラ政府と共同しています。これらの経験から、現在の法律、財務および規制システムとの’オフチェーン’のインターフェースをeosDACに提供します。

daniel-177

Daniel Harris

Danielは、彼の最初の会社であるISPのCerbernetを2000年に4M GBPで売却。以来、非営利のオープンソースの音楽/メディアリサーチアライアンスであるKendraioを率いており、コンテンツバリューチェーンのあらゆるリンク間で相互運用性を推進しています。研究助成金で1Mユーロ以上の資金を調達し、Kendraioは2020年に資金提供されます。現在、DanielはKendraio App開発プロジェクトのマネージャを担当し、音楽/メディア業界でのブロックチェーンの研究も同時に行っています。

sunghwan1-77

SungHwan Won

• SungHwanはIT、Security and Business Excellence(LEAN)に関する21年以上の経験を持っています。彼は世界トップの多国籍CPG企業のリーダーとしての役割を果たした経験を持つ、世界的に経験豊富で高度に熟成されたISIT&プロジェクトエグゼクティブす。スモールビジネスと大企業の両方で豊富な経験を持ち、起業家精神とコーポレートスキルの両方を併せ持っています。

soyoung

Soyoung Kim

Soyoungは異文化間の橋渡しのために芸術と人文科学を活用することに情熱を持っています。彼女は、世界中のベストセラーのビデオゲームをローカライズした経験があり、また彼女は人々を集め、動機付けすることで様々なオンライン/オフラインのコミュニティの成長を支援しています。韓国のEOSコミュニティにおいても同様に、コミュニティの成長を支援しています。

cris

Cris Pak

Chrisはグラフィックデザインの分野で働いていて、韓国のコミュニティ内でのeosDACプロモーティングの代表です。Chrisは韓国のEOSコミュニティの非常に重要なメンバーであり、EOSのテクノロジー、エコシステムや哲学に情熱を持っています。

sunny-177

Sunny Kim

Sunnyはテクノロジーとカルチャーのパイオニアであり、ビデオゲーム業界で世界的に成功した複数の作品のリリースに携わった経験を持ちます。多文化性と多様性を備えた革新的な人物であるSunnyは、テクノロジーがどのようにして人類に利益をもたらせるかというビジョンに人生をかけて取り組んでいます。Sunnyは、以前はオンラインコミュニティの設計、立ち上げ、設立を手伝ってきました。eosDACと韓国のEOSコミュニティ、およびそのソーシャルメディアチャンネルとの交流を主導しています。

alex-177

Andrew Furmanczyk

Andrewは、45万人以上のユーザと350,000人以上の登録者を持つYouTubeチャンネル、ウェブサイト、オンラインコミュニティを立ち上げました。彼は、技術、教育、メディア制作、写真撮影、ビジネス開発、一般演説、財務、プロジェクト管理、起業家精神に関する幅広い知識を持ち、2014年から暗号通貨に熱心に取り組んでいます。サンフランシスコ音楽技術サミットでは教育者として公演し、Forbesに取り上げられた経験や、CESに出展した経験もあります。
abe-177

Abe Stupple-Harris

AbeはUniversity of Westminsterで音楽とビジネスの学位を取得し、クリエイティブ業界における仲介を専門としています。Kendraioの音楽プロデューサーおよびプロジェクトマネージャーでもあり、著作権インフラの改善に専念しているオープンソースのソフトウェア開発者です。彼はあらゆる主要な英語のソーシャルメディアチャンネルを通じて、eosDACがEOSコミュニティから大きな注目を集められるよう尽力しています。

sebastian-177

Sebastian Stephens

Sebastianは、1999年にCable&Wirelessに売却された、18カ国に渡る当時ヨーロッパ最大のプライベートデータネットワークを構築しました。2000年にカリブ海に移り、Southern Caribbean Fibre Networkを8年かけて立ち上げました。今日では、費用対効果が高い革新的なネットワーク構築を専門とする海底ケーブルプロバイダーであるSubSea Networksに集中しています。

alex-177

Alexander Soskin

アレックスは、映画やテレビ業界で20年の経験を持ち、携わった作品はオスカー指名の映画からエミー賞を受賞したテレビシリーズにまで及びます。 彼は、AVIDメディアコンポーザー、Final Cut Pro、Adobe Premier、そして大部分のオンライン画像とサウンドポストプロダクションに関する幅広い知識を持っています。ロンドン出身のアレックスは、12年前にロサンゼルスに引っ越し、妻と2人の娘と一緒に住んでいます。

gordon-177

Gordon Hill

Gordonは、ペイメント、eコマース、マーケティングソリューションを日々開発している独学のマーケター、開発者、プロジェクトマネージャーです。彼は最近、ニッチ市場を通じてBitcoinとアルトコインの支払いを可能にするカスタムビルトシステムを開発し、その全体的な利用を300%増加させました。 彼は、常勤/臨時のコンテンツライター、研究者、グラフィックデザイナー、開発者、ソーシャルメディアエンジニアで構成されたチームを運営しています。彼が2011年に現在の会社に入社して以来、その会社の年間売上高は2Mから10Mに成長しています。

BIO PIC 2018

Mike Q Hainsworth

Mike Qは、1996年以来インターネットと通信の分野で活動してきました。2000年代初頭にモスクワのロシア銀行で金融セクターの格付けに従事した経験を持ちます。彼はスタートアップや大企業において、経営とディレクターの役割を担ってきました。現在、Mike QはインフラとサイバーセキュリティソリューションのプロバイダであるIncommsec LtdのMDであり、不動産投資家でありGDPRの実践者でもあります。

IMG_1187

Nasreen Bahadursingh

Nasreenは、University College London、London Universityで法学を修め、Lincoln’s Innで法廷弁護士をしています。彼女は、Corporate Managementの分野で、特に国際的な企業と数年間に渡って働いています。 彼女は積極的な関心を持って、Anguilla Utility Token Offerings Actの起草と制定を追っていて、また、ブロックチェーン企業のアプリケーションに情熱を持っています。NasreenはeosDAC Ltd.のマネージングディレクターです。